スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母性の経営~小説形式で読みやすい~

東京コンサルティンググループ様より献本、ありがとうございます。
母性の経営母性の経営
(2009/06/11)
久野康成井上ゆかり

商品詳細を見る


話の流れは、新人カウンセラーの宮崎が、上司の田宮の助けを借りて、職場の人の悩みを解決していくというもの。

ビジネス書なんだけど、小説形式で書かれているため、とても分かりやすく、読みやすかった。

レバレッジメモ
・組織と個人のベクトルは、近いほど組織力は増大する

・社会性のある夢=

・自分が何かを得たければ、最初に相手に必要がある

・「隠された窓」を広げるには、自己開示していくことしかない。隠された窓=自分は知っている&相手は知らない

・この会社に入ったら何が得られるかを考えるよりも、自分は何を与えることが出来るかを考える。
・社員を上昇させるために風船をつける=父親型、足のおもりを外す=母親型

・良い人材を採用するためには、社員がどれだけ会社に満足しているかが関係する。

・成功の秘密は、意思決定の速さ行動力

各章に、様々な悩みを持った社員が宮崎のアドバイスによって悩みを解決していく話も面白かったが、各章の終わりに書いてある「田宮のワンポイントアドバイス」が、うまくまとまっており良かった。



一番気に入った章は、第二章の「仕事が上手くいかないのはコミュニケーションのせい?」という章だった。

この話は、能力は高いけど、コミュニケーションをとっていないため自分の仕事を評価されていないという悩みをもつ人の話。

経営でよい結果を出すには、行動が変化しなくてはなりません。
行動を変化させるには、我々の意識が変化させなければなりません。
意識を変化させるには、お互いの信頼関係を変化させなければなりません




自分もコミュニケーションが苦手で、なんとかしたいけどなにからやっていいか分からない・・・って悩みがあったけど、まずは自分を開け!!自分から与えよ!と宮崎からアドバイスをいただいたw

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

この文章の書き方、大志さんみたいだね。
今度落語いきましょう。 

No title

masaさん

書評は初心者なので、まねをしました。
でも、まだまだ上手く伝わりません・・
プロフィール
チビのマラソン、ボルダリング、トライアスロン日記

めがね

Author:めがね

最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。