スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どのくらい泳いだかを分かるようにする仕組み

今日も学校のプールで、1200m泳いだ。
だいぶ息継ぎが上手くなってきた気がする。
左側を練習していると、右側での息継ぎが楽になった。なんでだろう。

で、25mプールを泳いでいると今どのくらい泳いだのかが分からなくなってくる。
上手い人は、自分がどのくらいの時間で25m泳げるかがわかるから、そこから逆算するらしいが、スピードが一定じゃなくて休憩も長い自分にとっては、この方法は使えない。

そこで、
090818_211658.jpg

こんな感じでヘアバンドをつけて、一定距離(今日は100m)を泳いだら付け替えるって方法を試した。

なかなか優秀で、距離がしっかり分かったので効果的な練習が出来たと思う。(いつもは少しサバを読んでしまうので)

付け替えるのが面倒だから、付け替える距離をだんだん長くしていって、最終的にはつけなくても分かるようにしたい。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学院生へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
チビのマラソン、ボルダリング、トライアスロン日記

めがね

Author:めがね

最新記事
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。